【歯医者での歯のクリーニング】歯石取りで歯周疾患や虫歯を予防

ノンタータ―入門 - 歯のクリーリングで歯垢(ターター)のない健康な歯を保つ
トップへ戻る

波多野歯科のメンテナンスは、クリーニングだけでなく、唾液や歯周病のリスク検査から歯磨き指導まで、さまざまなケアが特徴。それにより歯周病や虫歯にならないための、オーダーメイドの予防法をお作りします。

【効果的な歯科クリーニング】

歯医者によるクリーニングで歯周病や虫歯を予防

入れ歯の原型を作っている歯科技工士の手元

たかが歯のクリーニングで歯医者に通うということに、抵抗を感じる人は多いかもしれませんが、実は歯のクリーニングによる歯垢(プラーク)や歯石の除去は、最も効果的な予防歯科だといわれています。ところが、欧米に比べてまだまだ日本では、歯医者は痛くなってからいくものという考え方が強いようです。

日本人の50代の後半で2人に1人が部分入れ歯75歳以上では6割ほどの人が総入れ歯を使用しているといわれ、また、それらの人が歯を喪失する原因の9割が歯周病と虫歯なのです。歯を失うことで年をとってから困らないためにも、若いうちからの予防歯科が必要だといえます。

歯科によるクリーニングが必要な理由

歯ブラシ

普段、お口の中の隅々まで歯磨きをしているつもりでも、残念ながら歯ブラシによる歯垢の除去率は6割程度。さらに、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的な清掃用具を使っても100%歯垢を落とすことは難しいことから、歯科のプロによる口腔内のクリーニングが必要となります。

歯垢は、1mgあたり1億個以上の細菌が存在することから「細菌の塊」と呼ばれ、その中に存在する歯周病や虫歯の原因菌が排出する物質やガスによって、口内環境が悪化することから、歯周病や虫歯の原因となる歯垢を蓄積しないことが、予防歯科につながるのです。

また、歯垢が唾液によってガチガチに石灰化した歯石になってしまうと、もう歯ブラシでは落とすことはできません。歯石は、それ自体は影響を与えないのですが、表面がツルツルしている歯面に比べて、表面がザラザラしているため歯垢が付着しやすいことから、早めの除去が必要とされます。

歯のクリーリングの種類

スケーラーで歯をスケーリングしているイラスト

主に歯周病に治療で行われる歯石除去には、「スケーリング」と「ルートプレーニング」があります。スケーリングは、スケーラーと呼ばれる器具を使った、歯の表面や歯周ポケットの中に付着している歯石の除去で、軽度の歯肉炎はスケーリングによって症状が改善します。

また、歯周病が中度や重度の歯周炎まで進行している場合は、ルートプレーニングで歯周ポケット内に付着した歯石の除去を行います。歯根などの歯周ポケットの深部の歯石除去を行う場合は、麻酔によって痛みのない治療が可能です。

そして、歯科のプロによる予防歯科的なクリーニングにPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)があります。PMTCとは、専用の機械やフッ素を含む研磨剤を使った歯垢除去が主な目的で、歯間や噛み合わせ、歯面の清掃や研磨を行います。

歯のクリーニングの費用

1000円札

歯石の除去を行う「スケーリング」には、保険治療と保険外治療があります。保険治療でスケーリングを行う場合の費用は1,000円程度ですが、歯石除去のみの保険適用ができないことから、さらに歯周病や虫歯の検査が必要です。また、上顎と下顎を3ブロック、計6ブロックに分割して行うことになっています。

自費による保険外治療のスケーリングは、おおよそ3,000円~10000円程度と、歯科医院によって費用が異なるため、予約の際に料金を確認しておきましょう。また、基本的にPMTCは予防歯科のプログラムのため保険適用外となることから、受診前に費用を問い合わせておくことをおすすめします。

  • ノンタータ―入門トップへ
  • 効果的な歯科クリーニング
  • 歯のメンテナンスについて
  • さいたま市の歯科健診結果
  • タータチェックで歯石判定